ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証していく口コミ評価ブログです

menu

ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証するぜ!!

バリア機能を高めるための保湿ケアの正しい方法

保湿ケア

肌のバリア機能を高めるために欠かすことのできないのが保湿です。

保湿というのは基本的には次の3つを指します。

  • 水分を補う
  • 細胞間脂質を補う
  • 油分でフタをする

要するに水分と油分を肌に塗るということですね。

化粧水で肌にたっぷりと水分を与えたからといっても、それは保湿としては不十分です。
セラミドやコレステロールといった、角質細胞の隙間を埋める細胞間脂質や、その生成を促す成分が入った化粧品を選びましょう。

水分を抱えて、それを逃さない力を強化することが大事です。
さらに油分でフタをすることも大切です。

肌は皮脂や汗などで形成される皮脂膜を潤いの蒸発を防ぐための保護バリアとしています。
しかし皮脂の分泌量は年々減少していき、蒸発を十分に防げなくなっていきます。
また、しっかり表面が油分で覆われていないと、潤いを守ろうとして過剰に皮脂が分泌されて、オイリー肌や混合肌へと肌質が変化していきます。

しっかりと正しい保湿ケアをすることで、水分と油分のバランスが整った健やかな肌になれるんですね。
 

潤いを逃さずキープする正しいお手入れ方法

化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ 乳液クリーム ⇒ UVケア

化粧品を有効に使うには正しい順番でつけることがポイントです。
水分と油分をただ肌に付ければいいというわけではなく、付ける順番が大事なんですね。

まずは水分である化粧水から付けるのが基本です。
油分から先に付けてしまうと、肌の表面が油膜で覆われて水分が浸透していきません。
洗顔直後の肌に化粧水を付けると、水分が十分に行き渡り、次に使用するアイテムがより浸透しやすい状態に整えられます。

次に化粧水よりも油分が多くて乳液やクリームよりは油分が少ない美容液を付けていきます。
最後に肌に与えた潤いを密封するために油分を塗ります。

何種類かの化粧品を重ねる場合には、シャバシャバとした水っぽいものから先に付けて、クリーミーな油っぽいものを後に付けるのが基本です。
しかし、中には特殊な例もあるので、迷ったときは説明書を読んだりお店の人に尋ねて正しい使用方法で行ってください。
 

バリア機能を低下させる紫外線

紫外線を浴びると肌はみずからを守るべく、角質を厚くしてブロックしようとする働きがあります。
すると、潤いが浸透しにくくなって、保湿能力も落ちていき、さらには刺激を受けやすくもなります。
乾燥も激しくなり、ターンオーバーも乱れがちとなり、内部から炎症を発症しやすくなります。

保湿とともにUVケアをしておくことも肌のバリア機能を守るためには大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

楽しさ追求バラエティ