ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証していく口コミ評価ブログです

menu

ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証するぜ!!

肌の潤いをキープするバリア機能とは!?

バリア機能

潤いをたっぷり保持してぷるんぷるんな肌は健やかで強い肌であると言われています。
肌のバリア機能には、外的刺激や紫外線をブロックして肌を守る役割があります。
それと同時に内側からの肌の潤いを逃さないための役割もあります。

ターンオーバーが低下すると、老けて見えたり表面的な肌トラブルを招いたりします。
それに対してバリア機能が低下すると、肌がヒリヒリしたり赤みが出たり、炎症が発症するなど、より深刻なトラブルへと発展していきます。

また、どんなに肌に水分を与えても、その潤いを守るバリアがなくなるため乾燥しやすくなります。
そして、肌の大敵である紫外線のダメージもダイレクトに肌の内部にまで到達します。
水分と油分のバランスや肌の弾力、キメなどにも影響して、シミやシワ、たるみなど老化の原因となるものを発生させます。

肌のバリア機能の中でも、潤い保持を主に担当しているのが皮脂膜とNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質です。
皮脂膜は皮脂と汗が混ざったもので、肌の表面に天然の保湿膜を形成して、中から潤いが逃げていくのをセーブします。
また、角層内にあるNMFは潤いを抱え込んで保持します。

さらに重要となるのが、セラミドやコレステロールなどで構成されている細胞間脂質です。
多層に重なる細胞の隙間を埋めて、水分の逃げ道を物理的にふさいで、蒸散するのを防ぎます。
さらにセラミドには水分を抱え込む作用もあります。
 

バリア機能を低下させる要因

肌のバリア機能を低下させる大きな要因となるのは乾燥です。
潤いを守るためのバリア機能は乾燥することによって低下して、どんどん潤いを保持することができなくなって、さらなる乾燥を招くといった負のスパイラルに陥っていきます。

肌の乾燥は空気が乾くことで起こる他に、加齢によっても進行していきます。
そのため、赤ちゃんのころは必要のなかったスキンケアが必要になるんですね。

さらに洗いすぎることでも乾燥を招く原因になります。
 

バリア機能を高める方法とは?

角層の細胞の間に分散して存在しているNMF(天然保湿因子)は、肌の潤いを守っている主成分です。

でも、洗顔のときなどに流出しやすい性質があります。
バリア機能がしっかりしていれば流出は防げますが、乾燥などによってバリア機能が低下すると、弱ったところからどんどん流れ出てさらなる乾燥を招きます。

それを防止するには、似たような性質を持ったアミノ酸やグリセリンなどをスキンケアで補うことです。
肌の中に入ってNMFの働きを補ってくれます。
さらには、細胞の間を埋めているセラミドも補給してやると、より効果的に乾燥を防いでバリア機能を強化することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

楽しさ追求バラエティ