ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証していく口コミ評価ブログです

menu

ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証するぜ!!

ロスミンローヤルとキミエホワイト徹底比較

ロスミンローヤルとキミエホワイトの比較

ロスミンローヤルは、小ジワとシミ・そばかすに飲んで効く医薬品です。
それと似たような商品で、「キミエホワイト」があります。

キミエホワイトはテレビCMでもよく放送されているので見たことがある人が多いのではないでしょうか。
しみ・そばかすに飲んで効く医薬品です。
パッケージや瓶の見た目のデザインもロスミンローヤルとよく似ていますよね。

キミエホワイトも効果がしっかりと認められた第三類の医薬品なんですね。
知名度の高さから累計販売数が181万箱という人気の高いお薬です。

では、ロスミンローヤルとキミエホワイトの違いって一体なんでしょうか・・・

そこで、今回はロスミンローヤルとキミエホワイトを徹底比較してみることにしました。
 

ロスミンローヤルとキミエホワイトの違いを比較

その1 効果効能の違い

効果効能の比較

一番大きな違いとしては効果効能にあります。
キミエホワイトは、シミやそばかすによる色素沈着に効果があります。

それに対して、ロスミンローヤルはシミやそばかす以外にも小ジワに効果があるんですね。
小ジワにも効果があると認められた医薬品は、現在のところ国内ではロスミンローヤルだけとなっています。

キミエホワイトはシミとそばかす以外では歯ぐきからの出血や鼻血の予防に効果があります。
それに対してロスミンローヤルは、肩こり、腰痛、神経痛、のぼせ、目まい、みみなり、冷え症、手足の冷感、腰部冷感など様々な効果があります。

肉体疲労時、妊娠授乳期、病中病後の体力低下時などの栄養補給としてはどちらも同じです。
 

その2 用法用量の違い

飲み方に関しては、どちらも食後に1日3回と同じです。
飲む量はキミエホワイトは1回2錠で、ロスミンローヤルは1回3錠ずつ飲みます。
年齢はキミエホワイトは7歳未満は服用できないのに対して、ロスミンローヤルは15歳未満は服用できないとなっています。
 

その3 成分の違い

成分表示の違いを比較

メインとなる有効成分であるL-システインの量はどちらも160mgと同じです。
ビタミンCやニコチン酸アミドはキミエホワイトのほうが多いですね

でも、有効成分の数ではキミエホワイトが4種類なのに対してロスミンローヤルは22種類と圧倒的に上回っています。
 

その4 価格の違い

価格の違いを比較

価格はキミエホワイトが1箱(約1ヶ月分)が通常価格3,800円です。
毎月自動で届く定期コースでは、1箱3,600円となります。
3箱の定期コースにすると、3箱で10,200円となります。

それに対してロスミンローヤルは1箱(約1ヶ月分)が通常価格7,600円です。
毎月自動で届く定期コースでは、1箱5,800円となります。
3箱の定期コースにすると、3箱で16,200円となります。

値段で比較するとキミエホワイトのほうがリーズナブルですね。
 

その5 口コミの違い

口コミでの比較

日本最大の口コミ投稿サイトとして有名な@コスメ。
キミエホワイトのクチコミ評価は星2.0とイマイチですね。

それに対してロスミンローヤルは宣伝などがなく、一般市場での販売もされていないので知名度が低いため、まだクチコミの投稿がありません。
 

ロスミンローヤルとキミエホワイトの比較のまとめ

どちらを買えばいいか迷った場合は、自分は何を改善したいのかを考えてみるといいですね。

シミとかそばかすだけを緩和したいのであれば、価格が安いキミエホワイトで十分だと思います。
シミやそばかす以外にも、小ジワとか冷え症、神経痛、肩こり、腰痛なども緩和したいというのであればロスミンローヤルを買ったほうがいいということですね。

>>ロスミンローヤルが初回75%OFFで買える公式オンラインショップはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

楽しさ追求バラエティ