ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証していく口コミ評価ブログです

menu

ロスミンローヤルは男にも効果があるのか徹底検証するぜ!!

ロスミンローヤルの22種類の有効成分についての解説

ロスミンローヤルの有効成分

ロスミンローヤルは小ジワとシミ、そばかすに飲んで効く医薬品です。

気になるメラニン色素を無色化します。
他にも肌荒れや冷え症、手足の冷感を緩和します。

これらの作用は22種類の有効成分によってもたらされるものです。

ロスミンローヤルの有効成分

ロスミンローヤルの22種類の有効成分

1.ローヤルゼリー

ミツバチの若い働き蜂が花粉やはちみつを食べて、体内で分解合成したものを分泌する物質です。
タンパク質が多くて、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなど幅広く含まれています。
 

2.L-システイン

タンパク質を構成するアミノ酸のひとつです。
食物や医薬品、パーソナル製品に用いられます。
 

3.DL-メチオニン

人の体内で作り出せない必須アミノ酸のひとつです。
血液中のコレステロール値を下げて活性酸素を取り除く作用があります。
 

4.アスコルビン酸

ビタミンCとして働くラクトン構造を持った有機化合物の1種です。
食品添加物の酸化防止剤として広く使用されています。
 

5.ビタミンE散

別名で酢酸トコフェロールと呼ばれ、多くの化粧品に配合されています。
肌の老化を防止するビタミンE効果を発揮します。
 

6.チアミン塩化物塩酸塩

ビタミンB1とも呼ばれ、ビタミンB1欠乏症の予防及び治療として用いられます。
神経痛、筋肉痛、関節痛、末梢神経炎心筋代謝障害に効果があります。
 

7.リボフラビン

ビタミンB2とも呼ばれる水溶性ビタミンに分類されます。
甲状腺や皮膚、爪、頭髪など健康な状態の維持に欠かせない成分です。
 

8.ニコチン酸アミド

ビタミンB3のアミドで、ビタミンB群のひとつです。
酵素的酸化還元反応において広く用いられる補酵素です。
 

9.パントテン酸カルシウム

ビタミンB5とも呼ばれるビタミンの一種です。
糖分や脂質、タンパク質などの代謝に関わり皮膚を正常に保ちます。
 

10.ピリドキシン塩酸塩

ビタミンB6とも呼ばれるビタミンの一種です。
タンパク質代謝の主役であるビタミンで脂質の代謝に欠かせません。
 

11.シアノコバラミン

ビタミンB12とも呼ばれる代表的なコバラミンの一種です。
アミノ酸や脂肪酸の代謝および葉酸の生合成に用いられます。
 

12.カルニチン塩化物

体内に存在する有機酸で、胃液の分泌を促進します。
弱った胃の働きを良くして胃腸機能を調整します。
 

13.安息香酸ナトリウムカフェイン

カフェインと安息香酸ナトリウムとの塩複合体です。
アンナカとも呼ばれ、強心剤や鎮痛剤などにも用いられます。
 

14.グリチルリチン酸ーアンモニウム

甘草の根に含まれる有効成分です。
消化性潰瘍や去痰薬としての効果があります。
 

15.トウキ末

多年草で乾燥した根の部分を生薬として使用します。
婦人科系の疾患に良く効くとされ、血行を良くして体を温めます。
 

16.シャクヤク末

芍薬(シャクヤク)はボタン科の多年草です。
筋肉や腱の異常緊張を緩和させる働きがあります。
 

17.ブクリョウ末

サルコノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥したものです。
利尿作用、健脾、滋養、鎮静、血糖効果などに効果があります。
 

18.ソウジュツ末

キク科ホソバオケラの根茎を乾燥させたものです。
水分代謝を盛んにして、健胃整腸や発汗作用に効果があります。
 

19.タクシャ末

オモダカ科サジオモダカの根茎を乾燥したものです。
水分代謝を促進して不要な水分を排泄する作用があります。
 

20.センキュウ末

セリ科センキュウのひげ根を除いた根茎を乾燥したものです。
血行を促進して血液を活性化させる作用があります。
 

21.ハンゲ末

サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したものです。
体を温めて停滞しているものを動かして発散させる作用があります。
 

22.ニンジン末

ウコギ科チョウセンニンジンの根を乾燥したものです。
肉体疲労、虚弱体質、病中病後、胃腸虚弱、血色不良などに効果があります。

>>ロスミンローヤルが初回75%OFFで買える公式オンラインショップはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

楽しさ追求バラエティ